飛行機に乗るビジネスマン必携!ANA VIZAプラチナプレミアムカード

どうも、ヤツです。

2018年、ヤツはANA VIZAプラチナプレミアムカードはコスパ悪いし”いらん”と言っていましたが、、、作っちゃいました///

その時の記事はこちら↓↓↓

どうも、ヤツです。去年から今年にかけ、結婚絡みで支出が多くてね、カードだけで1000万円近く使ったわけですよ。(去年は個別の月だけしか見れなかったですが、今年2018/02〜06まで)まぁ、もうちょっと上手くできた部分もありますが。。。ひとつ小ネタを言いますと、...

何もメリット無しに作った訳ではなく条件付きであれば、お得に活用できると判断したからです。

では本題です。

ANA VIZAプラチナプレミアムカードのメリットとは

ANA VIZAプラチナプレミアムカードとは?

三井住友カードが発行しているVISAのプラチナカードの一種。30歳以上のみが入会でき、カードの継続のたびにボーナスマイルとして1万マイルが加算される。

なお案内には、

ANA VIZAプラチナ・プレミアムカードは、洗練されたサービスと高いクオリティでお客様をおもてなしするANA VIZAカードの最上級カードです。ANAがお届けする快適な空の旅と、プラチナ・プレミアムカードならではのハイレベルで魅力あるサービスは、真の価値を知るお客様にも必ずや満足いただけることと存じます。

と書かれてありました。

年会費は86400円です、高過ぎて笑けますw

お得になるものは?

①年会費
ANA VIZAワイドゴールドカードなら利用額の明細書を紙→webに切り替えるだけで2000円安くなりましたが、ANA VIZAプラチナ・プレミアムカードでは、安くなりません。

また、マイペイすリボで年会費を安くする裏技も使えません。

年会費を安くする方法は無いです。

但し、家族カードが強力です!年会費4320円で機能/サービスは元のANA VIZAプラチナ・プレミアムカードと同じです。

②〜⑦に記載のメリットが倍になります!

年会費は86400円であることを念頭にANA VIZAワイドゴールドカードとの違いを紹介します。

②グルメクーポン

外食するのが好きなら、このサービスはめちゃくちゃお得です!

半年に一度しか利用できない制限がありますが、なんとグルメクーポンに書いてある高級料理屋のコースが一人分無料になります!

高いところだと一人20000円以上するところもあるので、年2回行けば40000円のメリットがあります。

妻との結婚記念日や誕生日に利用するとポイント高いですよ!

もっと利用したい場合は家族カード1枚作れば年間4回も利用できます。

↑↑↑本人が食事の場に居合わせる必要があるので本カードと家族カードの使い分けを上手くする必要があります。

使えるお店のリストです(2019/03/31まで分)↓↓↓

③マイル積算率
ANA VIZAワイドゴールドカードではVIZAのポイントを1ポイントあたり10マイルに無料で交換できます。

ANA VIZAプラチナ・プレミアムカードではマイル積算率が更に高いです。1ポイントあたり15マイルに交換可能となります。

また、ANAグループ便に搭乗すると、通常のフライトマイルに加え、区間基本マイレージの区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×50%のマイルが積算されます。(ANA VIZAワイドゴールドカードは25%)

④空港宅配
荷物を持って自宅⇄空港の往復、ダルいですよね。現在は色んな宅配業者が自宅⇄空港の荷物の運送を引き受けてくれますが、一つの荷物あたり、片道1000〜3000円と結構高いです。

ANA VIZAプラチナ・プレミアムカードを持っていると宅配料が割引になり、一つの荷物あたり500円になります。(3個目以上は400円)

2人で往復だと通常のサービスなら4000〜12000円の宅配料が必要ですので、面倒だけど自分で持っていくわ!という方が多いかと思います。

一方、ANA VIZAプラチナ・プレミアムカードを持っていれば2人往復で2000円なので、使ってみても良い価格なのではないでしょうか?

⑤ANAラウンジ
空港に設置してあるラウンジには幾つか種類があります。

・カードラウンジ

メジャーなゴールドカードを持っていれば使用できるラウンジです。
ほとんどのラウンジでソフトドリンク、ラウンジwifiが無料で利用可能です。(空港でドリンク買わなくていい)

・航空会社保有ラウンジ
航空会社が保有しているラウンジです。ANAラウンジも此処に分類されます。

一般のカードラウンジよりもサービスが良く、設備が綺麗でアルコールも無料で飲めます。無料の軽い軽食(うどん、蕎麦など)があるところもあります。

国内線でも上記のサービスが利用可能で、フライトの後に運転する予定が無いなら、ただ酒飲みまくるのもアリですw

会員になるには、航空会社の上級カード作るか、飛行機に乗りまくって得意様になるかです。

どれくらい乗れば会員になれるのかというと、ANAのSFCなら年間50000マイルのフライト(赤道上で地球2周)です。

海外出張の多いビジネスマンかお金持ちなら”自然”となれるかなというレベルです。

“自然”という記載は所謂”修行”をしなくても、という意味ですが、”修行”については脇道に逸れるので割愛します。

・プライオリティパスラウンジ
プライオリティパス社という企業が提携しているラウンジです。

会員になると、アルコールや場所によっては軽食が無料のラウンジが利用可能となります。

会員になるには、年会費を払うかクレジットカードに付帯するサービスに申し込むかです。

カードラウンジよりも上質、航空会社保有ラウンジ並みのサービスが受けられます。

シャワーが設置されているところもあるので、ロングフライトのときには重宝します。

⑥プライオリティパス

ANA VIZAプラチナ・プレミアムカードでは無料でプライオリティパスを発行でき、上述のプライオリティパスラウンジが利用可能となります。

プライオリティパスを年会費払って獲得するとめちゃくちゃ高いです。料金は下記の通り。

  • スタンダード:99$+利用毎32$
  • スタンダードプラス:299$+11回利用以上は利用毎32$
  • プレステージ:429$何回でも無料

ANA VIZAプラチナ・プレミアムカードを持っていれば、無料で上記のプレステージ会員になることができます。

プライオリティパスだけ安く欲しいのなら、楽天プレミアムカードがおトクです。年会費1万円で、プライオリティパスを無料発行できます。

⑦宿泊特典
ANA VIZAプラチナ・プレミアムカードを持っていると二つの宿泊サイトから特典を受け取ることができます。

・kaligo
宿泊予約サイトで通常のマイル付与から30%上乗せして、マイルを受け取ることができます。(ANA VIZAワイドゴールドカードは25%)

マイルを沢山貯めたい場合に便利ですね!

・relux
ヤツがよく活用しているのは、reluxというサイトの特典です。reluxは元々、最低宿泊料金保証をしており、そこから更に7%オフで宿泊できます。

僕が知り得る限り、安定して安い価格で宿泊できるサイトです。

更におトクなクーポンが入手できる場合はANA VIZAプラチナ・プレミアムカードの特典を使わず、そちらを使ってます。

例えば、auスマートパス会員限定の特典で宿泊料金が30%オフなどです。(reluxはauの資本が、がっつり入っているため意味不明に安いクーポンをau限定で配信したりしてます)

実際に使えますw↓↓↓

あなたがauユーザーで旅行好きなら登録するとおトクですよ↓↓↓



アホみたいに高い宿でしたが、ヤツのイチオシ宿(庭園の宿  石亭)です、詳しくは過去記事をどうぞ!

しかも値引き前の価格から5%のポイントバックがあるので、実質35%オフで宿泊できました。(別にauの回し者というわけではないです)

旅行に行きたいときに割引の大きなクーポンが無いならANA VIZAプラチナ・プレミアムカードの特典を、クーポンがあるならクーポンの特典を、と使い分けするのが賢いかと。

宣伝しておきますが、現状reluxはとても優れた宿泊予約サイトです!過去記事書いたので参考にしてみてください↓↓↓

非常に便利でお得な宿泊予約サイトであるReluxですが、その機能について詳しく解説しているソースが無いと思い、今までReluxを使っていた、あるいはこれからReluxを使おうと思っている方へ解説します。宿泊検索と予約①Reluxのトップページから行きたい場所や具体的な...
高級旅館・ホテルの予約ならrelux(リラックス)

ANA VIZAプラチナプレミアムカードは、インビテーション制ではないので招待状なくでも申し込めます。
ANA VISAカード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

どうも、ヤツです。 リアルでは企業で研究・開発してますが、将来見えすぎてマジつまらんという思いからブログ始めました。 生活していて、役に立つこととか、お得なことを発信しています。